【エコノミーでもフルフラット!?】

エコノミークラスで長距離フライトはかなりきついですよね。

せっかくの旅行なのに、現地到着してげっそり(T_T)

といった方は多いのではないでしょうか?

ANAが2019年春にハワイ路線に満を持して投入する超大型機材A380。

日本の航空会社で初※1となるカウチシート「ANA COUCHii」を導入します。

ご家族やカップルなどご利用人数に応じた追加料金で、

3席もしくは4席分のレッグレストをあげて、ベッドのように利用することが可能です。

今回はこのANA初のカウチシートについて調べてみました。

カウチシートとは?

カウチシートとは、エコノミークラス運賃と追加料金で使用できるシートです。

レッグレストを上げることで3席分または4席分をベッドのように使うことが可能。

専用の寝具も用意。このエリアのみ、シートピッチは32インチ。

ここで問題なのは、

このカウチシートを使用する人数と快適さですね。

実際に使用している画像を

ニュージーランド航空様のホームページよりお借りしてまいりました。

大人1人

なんてゴージャスな(*^_^*)

たまたま空席でインボランタリーアップグレードでない限り、料金が気になるところ・・・

通常料金ならビジネスクラスのほうが安そう。。。

サービスしてもらえるのであれば万々歳ですね。

大人2人

なかなかに密着感がありますね。

熱々カップルにはもってこいかも(◎o◎)

周りの方の視線が気になるところですね。

大人2人子ども1人

画像がありませんでした。

少し無理があるのかもしれませんね。

4人席で利用する場合はどうなるのでしょうか?

大人2人子ども2人

これまたすごい利用方法。

4人席でのカウチシートで、端にお父様、お母様

中央に子ども2人でしたら良いですね。

端にお父様、3列シートでお母様とお子様2名でフルフラット。

さまざまな使い方ができますね。

どこの路線?

ではこのカウチシートを導入したANAのエアバスA380ですが、

どこの路線で使用されるのでしょうか?

ハワイ路線
いつから利用できるのでしょうか?
2019年春就航予定

動画で機内の詳しい映像をご覧になりたい方はこちら

エコノミークラス383席のうち、後方の60席(6列)が、

日本の航空会社で初めての採用となるカウチシート「ANA COUCHii」です。

多目的ルーム

メインデッキ(1階席)後方には、着替え・パウダールーム・授乳など

様々な用途でご利用いただける多目的ルームを設置。

中には、シンク他、ベンチシートや着替え台、おむつ交換台などをご用意。

これは乳幼児の家族連れにとっては嬉しい設備ですね。

気になる料金は?

料金は気になるところですが、まだANAからは発表されていません。

そこで参考になるのは、実際に運用されているニュージーランド航空の料金体系です。

ニュージーランド航空、成田・オークランド間往復のエコノミークラス正規割引料金は最低でも109,000円。

これにカウチシートのアップグレード料金が追加されます。

成田からオークランドまでの所要時間は約11時間。

長時間のフライト+宿泊料金+翌日の元気

を考えると嬉しい選択肢ではないでしょうか。

ニュージーランド航空での口コミ

実際にニュージランド航空でカウチシートをご利用になった方々の口コミです。

2名利用でしたが、あぐらをかいたり、十分に足を延ばしたり、快適に過ごすことができました。あとは利用する際の追加料金との相談でしょうか?パースまでの便もナイトフライトでしたので十分に休息もでき満足のフライトでした。ほぼ満席のエコノミークラスでしたが、スカイカウチシートの利用は半分程度に留まっていました。
結果的にビジネスより安い料金で乗れてビジネスよりもサービスが劣る(食事)カップルには本当にオススメなシートでニュージーランド航空しかやっていないサービスなので是非とも使って欲しいです。私の場合は今回は初めからSkycouch(スカイカウチ)を予約した訳ではなくて航空会社が満席便ではないので隣に誰も座らずに無料でSkycouch(スカイカウチ)でフライトが出来ました。
身長184cmの男性の場合、1人で足を折り曲げて寝るなら十分なスペースがあります。
でも、誰かとシェアするってなる場合、小さい子どもとシェアならOKでも、大人とシェアするのは相手の体型次第でけっこう厳しいかもしれません。それとカップルで寝ている場合、個室ではないので2人で寝ている横を人が通ったりします。そういうのが気にならない人同士でないと抵抗があるかもしれません。女性と子どもの2人ならけっこうスペースに余裕があって、ゆーーーっくりとした空の旅を過ごせるはずです。
1人でこの「スカイカウチ」を使う場合ですが、「カウチ」と言うだけあって「ベッド」のように足を伸ばして眠るだけの大きさはありません。ただし、実際に私の妻がやってみたのですが、小柄な女性であれば膝を曲げて横になることは十分に可能なようです。

まとめ

長距離フライトを、エコノミーでもフルフラットで快適に過ごせるサービスを選択できることは嬉しいですね。

使用人数と、使用方法、料金によっては検討の価値があるのではないでしょうか。

今後のANAの正式な料金が発表され次第、ご報告いたします。

⇐前の記事

子供の航空券はどういう扱いになるの?国内線と国際線、航空券では条件が違うってご存知ですか?

次の記事⇒

https://jukumiler.xyz/post-549-549

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする


Warning: filemtime(): stat failed for /home/ryousyujuku/jukumiler.xyz/public_html/wp-content/themes/simplicity2/pop-tabs.js in /home/ryousyujuku/jukumiler.xyz/public_html/wp-content/themes/simplicity2/functions.php on line 217